トカゲなる日々

劇団万国トカゲ博覧会の生態

女子がほぼ裸の以下略

昨年末に書いた脚本が再々来週に上演される模様です。


百々目色学園御戯レ部 旗揚げロストバージン公演
女子がほぼ裸のチラシに釣ラレテ見に来たんだがもうダメ限界。

3月7日(金)19:30
  8日(土)15:00/19:00
  9日(日)13:00/17:00

MOVE FACTORY STUDIO

ご予約はこちら


まだ1文字も書けていない頃に「チラシを作るからタイトルを決めろ」と言われて「無理です!」と答えたらこうなりました。主宰さんにはご迷惑をお掛けして申し訳ありませんでした。しかし『ほぼ裸』と言うからにはもっと脱いでも
豪華日替わりゲストのアフタートーク付。私も今回はぶっつけ本番を観に行く予定でして、非常に楽しみです。皆様もお時間あれば是非。

スポンサーサイト

お知らせ

万国トカゲ博覧会のブログが移転しました。
と、どのタイミングで書けば良いのか、むしろ書かずにスルーするのが大人の対応なのか、わからないまま数週間が過ぎてしまいました。
移転の理由はアンサイクロペディア風に言うなら お察し下さい というところです。実際に稼働していたのはブログだけでしたし。悲しいことに。
絶滅危惧種であるところの当ブログの読者の皆様には、引き続きご愛顧のほどよろしくお願い致します。

劇団員一同、無事に生存しております。下記の通り、成瀬と土屋は他劇団さんの公演に参加しておりますし、多谷氏には旧サイトの引き揚げ作業を、岡本氏には新ブログへの移行作業を行って頂きました。
上地氏は何をしているかというと、とりあえず成瀬にキーボードを貸してくれました。何となれば、来週末のsputnik.さんの公演で不肖成瀬が音響としてピアノを弾くからです。別に超絶技巧練習曲を華麗に弾いたりはしませんので、生温かい目で見守って頂ければと思います。
なおランタイムは1時間程度の予定です。週末は是非十三へ。

劇団員参加情報

ぺーさん's30s「悪童熱血クライシス」
http://peeeez13.jugem.jp/

9月13日(金)19:30
  14日(土)14:00/18:00
  15日(日)11:00/15:00

シアトリカル應典院
大阪市天王寺区下寺町1-1-27

一般2,300円当日2,500円
学生1,500円当日2,000円

土屋甫が出演致します。



sputnik. 「来年もまた一緒にここに来ようね(はぁと)」
http://blog.livedoor.jp/acts_sputnik/

9月28日(土)16:00/19:30
  29日(日)11:00/14:30/17:30

Cafe Slow Osaka
大阪市淀川区十三元今里2-5-17

前売・当日1500円

成瀬大雄が音響で参加致します。土屋は出演しません。



エニシダワゴンプロデュース企画~ハグルマひとくみはじめましょう~
「FLAG」
http://anyshidawgn.jugem.jp/

10月4日(金)19:00
   5日(土)15:00/19:00
   6日(日)13:00/17:00
※受付は45分前、開場は30分前です。

ロクソドンタブラック
大阪市阿倍野区阿倍野筋2-4-45

前売2000円 当日2500円
学生1800円 (要学生証提示)
ペア3500円

土屋甫が出演致します。

客演情報

公式ブログに情報が掲載された様なので。

082f0d0b.jpg

sputnik. act07
「宿酔」

土屋氏が役者で、不肖成瀬が音響で参加しております。またかという感じですが。
土屋氏は久々におっさんではない役です。それとキャスト表ではわかりづらいのですが、万国トカゲ博覧会にも縁の深い某氏が主演です。そして私は『音響』担当ですが、『音楽』は期待の新星・東山氏が担当します。こういう役割分担をするのが初めてなので緊張しております。
とりあえず、ゴールデンウイークで遊び疲れた後は、のんびりお芝居でもご覧下さい。

毛風Vol.1「馬耳豆腐」

毛風Vol.1「馬耳豆腐」

成瀬大雄(劇団万国トカゲ博覧会)

指揮 
阿部茂(第2劇場

出演 
川上立(sputnik.
繁澤邦明(劇団うんこなまず
安達綾子(劇団壱劇屋

日時
2012年11月10日(土)20:00
      11日(日)11:00/14:00/17:00
会場・受付開始は開演の30分前

場所
カラビンカ(OZC GALLERY/大阪造形センター3階)
阪急梅田駅より徒歩5分
JR大阪駅、地下鉄梅田駅より徒歩8分
地下鉄中崎町駅(4番出口)より徒歩8分
http://www.ozczokei.com/gallery/index.html

料金
前売り¥1500 当日¥1800

予約・お問い合わせ
080-5311-1723
memonga.abeshikun★ezweb.ne.jp
(★を@マークに変えて下さい)
お名前、日時、枚数、連絡先をお伝え下さい。

スタッフ
舞台監督:平野洋平(USO-800)
舞台美術:竹腰かなこ(第2劇場)
  照明:秋吉慎也(劇団うんこなまず)
  音響:東山直樹(演劇共同体ゴブリンパンチ)
  制作:園田晃己(第2劇場)
宣伝美術:片岡裕貴(第2劇場)
企画制作:毛風


毛風とは…
芝居したい年頃の2人、sputnik.川上とうんこなまず繁澤がしょっちゅう酔いどれながら話しているうちに動き出した、普段やらない人と普段やらないことをする企画。
ユニット名は繁澤が「剛毛」、川上が「すきま風」が良いと言ってお互い譲らず、合わせて「毛風」となった。「けかぜ」と読むが、特に意味はない。特に、意味は、ない。
次のページ

FC2Ad