トカゲなる日々

劇団万国トカゲ博覧会の生態

宿題がのこってる

続きを読む
スポンサーサイト

「墓掘りわっしょい」をふりかえって

「チーム墓掘り」から、上地です。

公演中の、演出・作成さんによるレポートに書かれてあることが、「チーム墓掘り」としての総意といってほぼ間違いないかなと思うのですが、公演後レポートということで、役者の視点から簡単に書いてみます。

「墓掘りわっしょい」という芝居がうまくいっていたとするならば、作成さんのナイス演出によって支えられていた部分が非常に大きかった。下のほうで誰かが、「芝居がうまくいったら役者のおかげで、うまくいかなかったら演出家のせい」というようなことを言っていますが、それは半分しか当たっていないと思う。芝居には脚本と演出という器が存在して(この2つも別のものに分けられるだろう)、役者はその器の中でしか動きえないのだ。だから、「芝居」と「演技」は分けて捉えなければいけない。

今回、失礼な話だが、作成さんの器は予想していたよりもかなり大きかった。その大きさの中で、役者の出来るところから至らぬところまですべてを汲み取ってもらった上で、お互いのやりたいことを出し合えたのではないかと思う。結果、これまでのトカゲの中では断トツに完成度の高い芝居になっていたはずだ。好き嫌いはあっても、そのことを認めてくれたお客さんがいたのが、何よりの救いだった。

もちろん、「完成度が高くて、この程度かよ」という意見があるのも重々承知で、それは僕たちの技量不足としか言いようがないが、それは次の公演までに各自が精進するべきことだ(そして、おそらくそこがこの劇団に足りていないことなのかもしれない)。

とりあえず今はやっと達成感のある芝居を作れたことが、大きな一歩であることを確認しておきたい。

勝負は、次。12月。

Rの稽古日誌

今日は「R」の稽古日誌について書こうとおもいます。


・・・て、もう本番終わってるや~ん




そうです!「R」の稽古日誌は、ついに一度も更新されませんでしたね!いぇーい!



とか言ってる、「という訳で」で演出をした かのうしゅん です。
ちなみに「R」には 哀しゅん という子が出演していたようです。
かのうしゅん は出演していなかったようです。
「ハッピー・リターン!」は ハンチン・シュン という外国籍の方が本を書いたようです。
かのうしゅん の書いた本では無かったようです。


さて、主宰成瀬さんの日記を読ませて頂きました。

芝居がコケたら演出のせいで、芝居が面白かったら役者のおかげ(あとちょこっと脚本)。

はい、これはその通りですね。


今回、「という訳で」に頂いた感想で、
「シュール!もう、すんごいシュール!」
の後に続く言葉が・・・


「ダメね!わけわからんわ!ぶひー」

てのよりも、


「不覚にも笑っちゃいました~」
ての方がだいぶ多かったのは、役者さんと、脚本家さんのおかげであります
そして何より、お客様のおかげです。お客様は神様です。
来て下さったお客様、本当にありがとうございました。


さて、役者・脚本家の皆様へ、僕から一言。

タムさんへ あなたはウチのエースです。打ち上げでもぶっちぎりのエースでした。
      僕を久々に酔わせてくれてありがとうございます。
もんたもんへ あなたの呑気っぷりは世界レベル。呑気に役者をやらせたら世界レベルです。
       ありがとうございます。
ミルキーちゃんへ あなたは素晴らしい役者です。
         だからもっともっと、舞台に立ってください。ムフーで頑張って下さい。
         ありがとうございます。
成瀬さんへ ぶひぶー(回文)。ありがとうございます。
なんか黒かった人へ 死んで下さい。ありがとうございます。



はい。
そして、自分自身を勝手に振り返らせて頂きます。

あまり細かいことを考えられないのが、私の演出家としての隙であるようです。
今回もトカゲ博に「テキトー」色を上塗りしてしまいました。

まぁでも、4本の中の1本として、
「際立ったテキトー色」を出せたのではないかと思いました。
どの作品よりも徹底的にテキトーに、楽しんでやった、とゆーことですね。

そのおかげか、ヨーロッパ企画のタヤヤンさんには、
「『という訳で』はイカ効果をねらっていたんだね」と言われました。


・・・。
「イカ」が出てきたのは墓掘りわっしょいじゃないんすか。
僕が狙ったのは黒塗り効果と3段オチ効果です。



まぁいいや~。

そんなこんなで、トカゲで出会った全ての人に感謝です。
作品で直接関わった人も、それ以外の人も、僕にたくさんの影響を与えてくれました。


最後に、僕を誘ってくれた「心の友」 やっぽっぽぽん さまに心から感謝します。


では、トカゲさん!また会う日まで!


終戦記念日

あ、たけちゃんに先越された。
成瀬でございます。
公演終了致しました。御来場頂きまして+お尻の痛い中観劇下さいまして誠にありがとうございました。

芝居がコケたら演出のせいで、芝居がウケたら役者(とあとちょこっと脚本)のおかげ。とその昔先輩に言われたことがあります。
全くその通りでございます。
こんな可愛い子達に恵まれて私は幸せ者です。
大楽の回なんて「ハッピーリターンばりおもしろい!」とかって感動して一人で泣いてました。
こういうのが行き過ぎると、俊ちゃんの様に、自分も舞台に出て行きたくなるんだそうです。
それでもって、アンケートに「という訳では真っ黒な人が面白かったです」みたいに評判をかっさらって、役者にヒンシュクを買うんだそうです。
今回は演出バカな人が多かったのですね。

ちなみに、たけちゃんと私の書き込みが13日でも14日でもなく15日なのが
打ち上げのフィーバーっぷりを物語ってます。

五里霧中公演★お疲れ様でした!

 皆様、公演お疲れ様でしたタケです
今回、初めて演劇に参加させて頂き、改めてすっげぇ良かった、と感じています
やっぱり、皆で力合わせてやることは素晴らしいなぁ
もっともっと色んなことを知りたい、と思いました
小屋入りした時は、もぅ何をしたらいいのかわからなくてしていて、皆さんに迷惑かけっ放しで申し訳なかったです
 
 今回、五里霧中公演に僕が参加させて頂けたきっかけは、たむさんと出会えたからですホント感謝っす
そして、ズブのトーシロを快く迎えてくれた劇団万国トカゲ博覧会、五里霧中公演メンバーの皆さん、スタッフさん本当にありがとう特に、共演した甫さん、成瀬さん、つかっちゃん、ミルキー、こんな訳わからんヤローで迷惑かけてごめんなさい皆さんのサポートがなければ、今の僕はいません
ちゃうかちゃわんの方々もいつも笑顔で挨拶をしてくれてありがとう
そして、ご来場頂いたお客様、ありがとうございました
 また参加させて頂けるのなら、是非参加したいです
トカゲLove
泣いちゃいそうなので、この辺でまたお会いする日まで

次のページ

FC2Ad