トカゲなる日々

劇団万国トカゲ博覧会の生態

7/21の稽古

稽古日誌と掲示板のリンクがおかしなことになっております。申し訳ありません。
そして最近稽古日誌が滞りがちです。重ねて申し訳おりません。
なっちゃんにトスされて(仕方なく)成瀬がお送りします。

21日の稽古はいつになく大人数でした。わっしょい。
こういう時につい大人数のシーンばかりして合間の少人数のシーンを疎かにしてしまうのですが、それだと流れがつかめないし、演出と演じてる役者の他に第三者が居るというのは良い刺激になるんですよね。反省。

そして稽古にとうとう、今回の目玉アイテム×××××を導入!
主役であるところの土屋くんが大汗をかきつつ×××××!
竹田さんが×××××されて!それを見て上地さんがスライディング×××××!
そんな彼らを横目に梅田さんは一人×××××!

すいません疲れてるらしいです。「最近粘り強さが無いですね」と言われましたが、それは疲れてる訳ではなくて、単に台本を離してもらわないと駄目出しがしにくいだけです。みんな早く台詞覚えて下さい。
稽古もここからが正念場。疲れてるヒマなんかない。

スポンサーサイト

選挙の投票に代金はいりません。

上地です。2週間ほど更新されていませんが、稽古は亀の速度ながらも進んでおります。

本日は客演さん二人が現在本番真っ最中ということもあり、劇団員4人+演出家による稽古。僕の一人芝居のシーンから始まりました。演出家が好意的に僕の演技を捉えてくれて、撃たれ弱い僕にとっては気分よい環境を作ってくれるのですが、はたして芝居を作る上でそれだけでいいのかという微妙な環境の中で、土屋君が度々にわたり具体的な指示を出してくれるのが、非常にありがたいことでした。

このシーン、台本はあるもののそれを無視してやりたいようにやっていいという指示を演出家からもらっていて、現にかなり改編した形で取り組んでいます(エッセンスはそのままのつもりです)。頭の中で構築したものを表現しようとするわけですが、構築した流れであったりテンションであったりというものをそのまま表現することができないでいます。これは「815」の電話のシーンでも苦労したことで、他者との会話ならば目の前の相手に対して反応すればいいという点でやりやすいのですが、一人でごちゃごちゃやるのは見えない他者との対話なのでその分つかみづらいというのがあります。一応の方向性は見えているので、あとは数をこなすだけかなぁという地点までは来ていると思っているのですが。

さて、今回の記事のタイトル。稽古後に食事をしているときに、ある劇団員(名誉のために名前は伏せます)が、選挙で投票するためにはお金を払わなければならないと思っていたので投票に行ったことがないと発言していたことがきっかけです。「戦前は投票するのにお金が必要だったから」と言っていたので、歴史を分かっているように勘違いしていまいそうになりますが(一定額以上の税金を納めていないと投票権がありませんでした)、普通選挙制が導入されたということを知らないのだからやっぱり歴史を知りません。歴史というよりも常識というべきか。何はともあれ、たとえ白票であっても投票には行くべきだと思います。

6/30の稽古日誌

初めましてこの度トカゲさんで役者をやらせてもらうことになりました前田ひとみです。お世話になります
前回の稽古日誌では岡本さんがツンデレ化しておられますが、芝居内容としては、どうも私の役どころがツンデレのようです。ってこれネタバレ?

などと言うてますけれども、えー30日(土)の稽古報告ですが
なんで私が書くかというと、じゃんけんで負けたからです
こんなことなら本気で勝ちを狙えばよかった。といってもじゃんけんは確率ですもんね。致し方ないです
でも見学者的テンションで参加してたので、稽古日誌も同じようなテンションになりますが、ご容赦ください

この日は男性ばかりの色気のない稽古場でした
でもエロ気はありました
というか歪談してました。違う。猥談してました
と思ったら男性諸氏にとってはただの日常会話だったようです
前田は本来不要人員でしたが、仕事も終わって暇を持て余したのでお邪魔してました
でも気付いたら立ち稽古に入ってました
あんまり書くことないですね・・・
じゃあ各参加者さんに私見を申し上げますと
成瀬さんは、お召物の色がやや軽薄だと思いました(僭越ながら)
竹村くんは、若さを感じます。ムチムチです。羨ましいです
土屋くんは、以前に比べてやや饒舌になったような気がします。それでもまだ無口な方ですね、というか多分むっつr(自粛)
上地くんは、煙草一本おごってくれました。いい人だなぁ
田村くんは、おとなしかったです。というか気付いたら寝てました。おい

こんなんで伝わりますかね?稽古場の臨場感
ちょっとだけ真面目な話を書きますと
先日成瀬さんに私の弱点を告白しました
「実は私、感情が高ぶると自己制御が全くきかんくなるねん」
言動がいびつになってしまうんですね
しかし今回の自分の役どころでは何回か感情が沸騰しかけるところがありまして
うまく制御しつつ、あざとくならぬよう自然に、しかし見てる人には強い印象を感じてもらえるように演じねばと
思うので、とりあえず体作りをがんばりたいと思います
あと、今回私は××××を見せることになるらしいので、目下骨盤矯正中です(ネタバレの可能性があるため自粛)

散らかる部屋の中。

私はつっちーが稽古日誌を書いてるからって、テンションを上げたりしないんだから!岡本です。
ちなみに「まだ書かないのかなー書かないのかなー」と思いながら、たまにこのblogのデザインを変えているのは、私です。


今日、初めてチラシを拝見しました。
あ、入稿前なので、チラシ自体はまだ完成してないです。
チラシは、前回に引き続き、feedmeupさんが作って下さいます。ありがとうございます。

今回のチラシは…艶やかで、刺激的で、どきどきする感じ。かな。
わかりにくい表現ですが、「見たらわかる!」の一言で片付けなかった所を評価して下さい。
そのうち、ホームページにもアップされると思われます。


今日の稽古は、タケちゃんと二人のシーンを。
虐めたり虐められたり。
楽しいです。
ごめんなさい、嘘です。
私は行き詰っています。
「この季節に着たらいいのは、夏物なの!?冬物なの!?」とタンスの引き出しを開けたり閉めたりしている状態です。う~ん。
週末に芝居を観て、気分を転換してきます。


あ、そうそう、先日のテラヤマ博が再演されるそうですよ。
岡本も出演するそうですよ。
こちらも頑張らねば。

6月23日(土)の稽古!!!!!

ない頭で、ウンウン唸りながら試行錯誤の末、稽古日誌を書くに至りました
いつもお世話になっておりますタケです

演出さんイロイロとお手数おかけしました

さて、先日の稽古ですが、まず、最初の場面をオールメンズで回しながら読みました

その場面は僕が出るシーンなんですが、

先輩役者であるお二人の演技を拝見しまして、

「もっと男爵

「負けんな

「遊び尽くせ

「片手間

「終わるまでに書ききって

「もっともっともっとぉぉぉ

「渋さ知らズ

「低音ロケットッダイナマイトォォ

などなどアドバイスを頂いたのであります

自分ではわかっているようで曖昧になっているところを指摘されると、

「それだぁ

って一気に意識がハッキリモッコリコリコリコリンズします

はぐれメタル倒した感じに似てます

 次に、兄貴の噂のシーン

かなりイイ感じにブッ飛んでて、自分がお客様だったら楽しいなぁと思いました

これからどんな風に変身していくのかワクワクです

 そして、メンズオンリーのシーン

やっていても楽しいのですが、そこをどう見せるかなんですかね

 最後にラストシーン

自分の理解が足りず、ご迷惑をかけてしまいました

何より今は台詞を入れていこうと思う1日でした



R-18…かなりビビッドで、

アツい夏にドンピシャ

もはや、ロマンティックが止まらない


次のページ

FC2Ad