トカゲなる日々

劇団万国トカゲ博覧会の生態

ぺーさんの参入と華麗なるおっさん。

華麗なるおっさんはカレーが大好きなわけで。
カレーが大好きってゆー裏設定を加えたからには最近のお昼ご飯は毎日カレーなわけで。
世界史日本史に続いてカレー史が存在したならば間違いなくカレー史を武器にセンター試験受けてるわけで。
あんぱんまんのキャラの中ではだんとつでカレーぱんまんが大好きなわけで。
にもかかわらず今日の朝食はチョコパンだった自分はまだまだ未熟な役者です。
ごめんよカレーぱんまん。
だって朝からお前を食すのは重てえんだ。
朝はもっと軽くいきたいんだ。
みたいなことゆーてるからきっといつまでも軽いキャラなんやろか。
最近の役者人生を振り返ってみたところ、ここ3年はへタレか高田純二ばりにテキトーな役しかやってなかったことに気づきました。
むしろオレのあだ名は一瞬だけ純二でした。
そんなオレやからきっと今回も華麗なるヘタレっぷりを買われてお芝居に誘われたんやなと。
魅せてあげましょうオレの数々のへタレ伝説を!
と勝手に思い込んでたら、あれあれ?
おっさん役ですか?
私、行くとこ行ったら中2に間違われるくらい若々しいぴちぴちボーイですけど大丈夫ですか?
大丈夫じゃないです。
もうね。深みとか重みとかね。3年間おきっぱなしにしてきたもんでね。
今、自分が演じてるおっさんは、かっこいいおっさんではなくて、ただの軽いおっさんなわけでね。
でも任せて下さい。
任命されたからには、軽いおっさんから、かっこいいおっさんにジョブチェンジしてみせます。
3年間置き去りにしてきた、あの日あの時あの場所で置き忘れてきちまったあの気持ちを取り戻してみせます。
そう。大人の深みを…

やっぱね。カレーも深みがある方が美味しいからね。うん。
野菜カレーにさよならぐっばい。
こんにちはカツカレー。
みたいな感じで『華麗なるヘタレ』から『華麗なるおっさん』に生まれ変わってくんでよろしくお願いします(>_<)


p.s.今日の稽古ではツッコミにダメだしをされました。
  やっぱし『あんぱんまんかい!』にしといたらよかった…と今では反省してい  ます。ごめんなさい。


byぺー。

スポンサーサイト

free=busy

今回は上地が真面目に書きます。

「第九十九戦」は、役者が11人とうちの劇団としては過去最多人数であり、そのためにこれまでみたいに役者全員2/3くらい出番があるような状態から格段に出番が減った。よって必然的に稽古中も出番が少なくなった。しかも、稽古に参加する回数の少ない人を優先していくため、私のような「Billy Joelのコンサートの日以外は全参加です」的な人間は、はっきりいって暇である(本当は自主練したり、話し合ったりしてるんですよ)。

この「暇」というやつが問題で、私という人間が芝居中で暇だからといって、私の演じる役の人間は「暇」、つまり舞台上に出ていないときに物語において何もせずにグータラしているかというと、それは違う。一度登場した後、アレしたりコレしたりしていてその続きとして再び舞台に登場する。ということは、そのアレやコレを生み出して自分の中で消化しておかなければいけない。

これまでのトカゲ博覧会の芝居ではそういうことを考えずに済むような脚本ばかりだったような気がする(というのも、ほとんどの役者が出番が多い脚本ばかりだったから)。そういう意味で非常に新鮮な気持ちにはなれるが、悲しいかなこれって役者としてごく初歩的なことなんだよなぁ。

ということを、稽古中の暇なときに考えていました。

C型!?

岡本です。
この前「B型?」と聞かれました。
大勢の中で、大人しく活動しているとそう見えるようです。

今日は稽古中に、登場人物たちの血液型を勝手に考えました。

血液型の話題って、ひとしきり盛り上がりますよね。
あれって、なんでだろう。

「人の性格なんて色々なんだから、4種類に分類していいわけない!」と言う人もいるかもしれません。
私もそう思います。
「A型っポイ」と言われることに未だに抵抗を感じます。
型にはめられるのが嫌いなんだと思います。
でも血液型の話をすること自体は嫌いじゃありません。

盛り上がる血液型話。
なんでだろーう。

タケちゃんの小学校時代の先生は、自分の血液型を「C型だ」と言っていたそうです。4年間も。

そんな、バカな。

疑いの目を向けられつつも、タケちゃんは「C型」というものがあるということを主張していました。
googleで調べたら、真っ先に「C型肝炎」が出てきました。

ここまで長々と書いたのに、これがタケちゃんの作り話だったら、どうしよう…と思っています。

ちなみに私も信じていません(笑)

そうそう、稽古。

初めて一緒に芝居をする人もいるので、「あ、この人はこんな演技をするんだ!」という発見があって、非常におもしろいです。
こっそり技(?)を盗みたいと思っています。

おっと。
三行で終わってしまった。

私ばかりこっそり稽古日誌を書いているのに全く文句が出ないのですが、そろそろ他の人にも稽古日誌を書いてもらおうかと思っています。
とか言いながら、次回も私が書いたりして。

よっしゃー!!

 どうもタケです
 
第六回公演がしがしSTARTしましたぁ~ひゅ~
 
 なつみさんの書き込み拝見致しましたッ

トカゲの一員になれたって事ですんげぇHAPPYです
と、同時に、皆さんに迷惑かからないように気を引き締めております

 これからもよろしくお願い致します

脚本を最後まで読みました。

岡本です。
次回公演、タイトル・日時等決定したのですが、ホームページの管理人である脚本家が頑張っているので、中々ホームページが更新されません。

ここで、こっそり日時タイトルを発表…してしまいます。

劇団万国トカゲ博覧会 六花公演
「第九十九戦」
12月16日(土)14時~・19時~
   17日(日)13時~・17時~
@ロクソドンタブラック


後の細かいことは、おいおい語ります。
ホームページの更新を楽しみにしていて下さい(管理人へのプレッシャー?)
役者紹介などもしていきます。きっと。


で、稽古の話。

今日は脚本を最後までいただいたので、いただいた部分の読み合わせ・質問会などしました。
登場人物の背景など語りつつ、考えつつ。
どんな感じになっていくんでしょうねー。
実際に出演している私にもまだ想像つきません。

チラシが来週には刷り上がる予定です(まだ印刷所に持って行ってないけれど)
着々と進んでいます。
そうそう、今回、劇団員が一人増えました。
前回のオムニバス公演「So, Pretty」で、白鳥をつけてライダー役を熱演してくれた竹村くんです。
彼の参入でどんな風が吹いたかというと…それは見てのお楽しみで。

初稽古!とか。顔合わせ!とか。

岡本です。
そんなこんなで、今日は第6回公演、初集まりでした。
初対面な方もいらっしゃるので、まずは自己紹介から…

私は緊張していても他の人に全く悟らせない特技(?)があるのですが、緊張していました。
いっぱいいっぱいでした。
というか、自己紹介なるモノが苦手です。
そんなでも舞台に立てます。

今日は、役を決めるためにちょこちょこ台本の読み合わせをしました。
初回だし、初対面メンバーもいるしで、皆様、遠慮している雰囲気でした。
が、まだまだこれから!

これからどんな感じに稽古が進んでいくのか楽しみです。

モリモリ♪

 お久しぶりですタケです
いやぁ~モリモリしてきました
 早く脚本読みたいし、早く皆さんと再会したいッス
 どんな役になるのか楽しみでロマンチックが止まりません
 皆さんどうかお手柔らかにお願いします
 それでは、15日を楽しみにしております

乞うご期待!

一つ前の記事でえらく褒められている今回の主宰の上地です。

11名も登場人物がいて、脚本家は苦労しているようですが、
出演交渉は完了しております。
準備が整い次第バーンと発表しますが、
新しい風が吹き抜けそうなラインナップになっています。

客演さん全員と話をした僕が一番わくわくしているかもしれません。
楽しみにしておいてください!

ゆで玉子を上手に作りたい。

六花六道六大州六字名号六波羅蜜六文銭ってとこですか。
今日もトカゲに不平と不満と不安と不信をお届けする成瀬です。
今回故あって主宰をバトンタッチしております。
次代の主宰は先代の主宰より人見知りしなくてべしゃり上手でてきぱきしてて
次回公演準備が素敵にはかどっております。どきどきわくわくです。

そんな主宰と演出家さんに、お尻を真っ赤に腫れ上がるまで叩かれて
この土日にようやく脚本執筆缶詰に突入してます。
しかし一行書いては考え込む(という名目でCD聴いたり漫画読んだり昼寝したり)というこの有様、
亀さんぶっちぎりの執筆スピードで、果たして締め切りに間に合うのか!?

今回のトカゲは、ちょっとすごいらしいです。
噂によれば、出演者人数が、過去最多という話。
そもそも書いてる方が、一人一人の見分けが付かないですよこれ。
2時間弱の公演時間でトータル10分しか出番の無い役とか出て来そうで
いやはやもう何ともかんとも。ねえ。

ひとしきり書いたので、執筆に戻ります。
言い添えますと、この数日間での「逆転裁判」の総プレイ時間は、せいぜい30分です。

FC2Ad