トカゲなる日々

劇団万国トカゲ博覧会の生態

散らかる部屋の中。

私はつっちーが稽古日誌を書いてるからって、テンションを上げたりしないんだから!岡本です。
ちなみに「まだ書かないのかなー書かないのかなー」と思いながら、たまにこのblogのデザインを変えているのは、私です。


今日、初めてチラシを拝見しました。
あ、入稿前なので、チラシ自体はまだ完成してないです。
チラシは、前回に引き続き、feedmeupさんが作って下さいます。ありがとうございます。

今回のチラシは…艶やかで、刺激的で、どきどきする感じ。かな。
わかりにくい表現ですが、「見たらわかる!」の一言で片付けなかった所を評価して下さい。
そのうち、ホームページにもアップされると思われます。


今日の稽古は、タケちゃんと二人のシーンを。
虐めたり虐められたり。
楽しいです。
ごめんなさい、嘘です。
私は行き詰っています。
「この季節に着たらいいのは、夏物なの!?冬物なの!?」とタンスの引き出しを開けたり閉めたりしている状態です。う~ん。
週末に芝居を観て、気分を転換してきます。


あ、そうそう、先日のテラヤマ博が再演されるそうですよ。
岡本も出演するそうですよ。
こちらも頑張らねば。

スポンサーサイト

6月23日(土)の稽古!!!!!

ない頭で、ウンウン唸りながら試行錯誤の末、稽古日誌を書くに至りました
いつもお世話になっておりますタケです

演出さんイロイロとお手数おかけしました

さて、先日の稽古ですが、まず、最初の場面をオールメンズで回しながら読みました

その場面は僕が出るシーンなんですが、

先輩役者であるお二人の演技を拝見しまして、

「もっと男爵

「負けんな

「遊び尽くせ

「片手間

「終わるまでに書ききって

「もっともっともっとぉぉぉ

「渋さ知らズ

「低音ロケットッダイナマイトォォ

などなどアドバイスを頂いたのであります

自分ではわかっているようで曖昧になっているところを指摘されると、

「それだぁ

って一気に意識がハッキリモッコリコリコリコリンズします

はぐれメタル倒した感じに似てます

 次に、兄貴の噂のシーン

かなりイイ感じにブッ飛んでて、自分がお客様だったら楽しいなぁと思いました

これからどんな風に変身していくのかワクワクです

 そして、メンズオンリーのシーン

やっていても楽しいのですが、そこをどう見せるかなんですかね

 最後にラストシーン

自分の理解が足りず、ご迷惑をかけてしまいました

何より今は台詞を入れていこうと思う1日でした



R-18…かなりビビッドで、

アツい夏にドンピシャ

もはや、ロマンティックが止まらない


忍者ムラサキの呪縛

つっちーがめっちゃ真面目に書いていることで、テンション上がった上地です。

トカゲの芝居でよくご覧いただくのは、僕の長台詞です。処女公演「815」では舞台上に1人で5分くらい延々と電話をさせられましたし、「オーニソプター」では詐欺師の商売の口上をグダグダ言わされました。「第九十九戦」でも、軍の総大将としての訓辞めいたことを喋っていました。「アリス」や「BANANA」でも何やかやで長い台詞を担当したので、ここまでくるともはやトカゲの名物といっても差し支えない。

で、今回。またやりますよ。ネタばれになるとダメなのであまり書けないのですが、「815」の電話のシーンを少し彷彿させるものになるのではないでしょうか。さらに言えば、タイトルにも書いた「忍者ムラサキ」(注)をも彷彿させるものになるでしょう。

今日はそのシーンの稽古をしました。まぁ、先は長いですからね…。とか何とか言って誤魔化しちゃいます。僕もつっちーみたいなことを書きたいけれど、2回も続くと読者も「またか~」となるので、来月に入ったら書こうかな。


(注)忍者ムラサキ:トカゲの母体「劇団ちゃうかちゃわん」の「うなれ!アドリブン」において演じた役。

第3回稽古。

どうも、稽古3回目にして初参加の土屋です。ちなみに稽古日誌を書くのはおそらく1年半ぶりくらいです。

今回の稽古場は役者がなかなか揃わず、かなり不規則・断片的な進行になっています。今回の稽古も、中盤・後半のシーンの、今いる面子でできる所からやっていくと言った内容でした。本来なら役者にある程度感覚をつかませるために、頭から順を追って稽古していくのがベターではありますが、まあ仕方ないところですね。

R18はかなり日常色の強い芝居です。まあトカゲという劇団は常にある程度の日常色はあるんですが、今回はそれがよりはっきり出てるわけです。個人的には処女公演・815を彷彿とさせます。旗揚げからの劇団の成長が問われる公演になるやもしれません。

芝居としてのテイストの違いは当然演技スタイルにも影響します。最近は僕は演技らしい演技というか、どちらかというと作りこんだ演技をする事のほうが多くありました。今回僕が演じるのは佐々という男なんですが、彼はずいぶん懐かしい感覚のする役です。ごく簡単にいうと、リアクション中心で、少し感傷的な役。(ちなみにこれは815で僕が演じた下村君にも共通するところです)こういう役のいいのは、遥かに柔軟性のある演技ができるってとこです。ぼそぼそしゃべりになって客を退屈させるリスクもあるんですが、それは今回乗り越えたいとこです。

と、個人的なことを書きすぎましたね、ご勘弁を。いつもはこういう劇団日誌的業務はサボりがちなんですが、今回はもう1・2回は書こうかなと思っています。

稽古、始めました。

続きを読む

初稽古

ホームページリニューアルに向けて四苦八苦している成瀬です。
本日は次回公演「R-18」の初稽古でした。私が脚本演出でございます。
こんなところで何ですが、私は人前で話すのが苦手です。普通のコミュニケーションも苦手です。つまり演出の大抵の仕事は苦手です。
稽古場に集合する前から心臓がガンガン言っていて、稽古を始めてから終わるまでずっと、正直泣いて帰りそうでした。そしてそれは公演が終わるまで変わらないでしょう。
そういう気分を何百回と乗り越えてこそ、胸を張って本番を迎えられるのであって、御来場頂いたお客様の喝采のために私は泣いて帰らずに踏ん張った訳で。イライラ棒の彼方に札束が積まれてる気分です。
とりあえず記念すべき初回稽古できっちり演出の仕事をやりきったことを祝いたいです。そして公演まで、心臓が何を言おうとも、しゃべりまくって役者をしごきまくってスタッフを怒鳴りまくって良い芝居を作りたいです。
次の稽古日誌は、なっちゃんかたけちゃんで私とじゃんけんして負けた方ね。

FC2Ad