トカゲなる日々

劇団万国トカゲ博覧会の生態

締切次郎キタ━━━━(゚∀゚)━━━━!!!!

我が家に締切次郎が到来しました。

ヽ(゚∀゚)ノ ( ゚∀)ノ 
  へ )  (  ノ
   >    > 

今回の締切次郎は撃退したところで上演につながるとはまだ決まってないのですが、そういった訳でブログを放置します。当ブログでもって成瀬の生存を確認して頂いている方には誠に申し訳ございませんがご了承願います。
とはいうものの、またsputnik.さんの中編芝居に音響で参加する予定です。30分は短編なのか中編なのか。
スポンサーサイト

終戦記念日

SN3S0447.jpg

今年は珍しくお盆に実家に帰った親不孝者です。久々に祖父の家へ行ったところ、ちょうどテレビで戦没者の追悼式の中継をやってました。恥ずかしながら毎年こんなことをやってるとは初めて知りました。
改憲だの国防軍だのこういうご時勢ですし、処女公演「815」みたいなのをまたやりたいと思うのですが、正直史料集めがめんどくさいというのが先に立ってしまいます。んー。そういや近頃の若者は8月6日と9日が何の日か知らないそうですね。でも年配の方はそちら方面の知識はずっと豊富なんですよね。どちらにもご来場頂けるかどうかは別として。んー。
そんな訳で今日のブログの主旨は先月産まれた姪っ子がかわいいということでした。首がまだ据わらないので抱っこに気を遣います。

一度は行ってみたい世界の

先週からの流れで。

ムーラン・ルージュ
リド (注:音が出ます)
クレイジーホース (注:音が出ます)

フランスのガイドブックを見ると、こういうキャバレーが至極普通に載ってるんですね。男性向け・女性向け関係なく。特に3つ目は最近映画化されたので知名度が上がったのではないかと。
『昨今の中国人は日本に観光に来た際には夫婦でストリップを観に行く』なんてネット記事を見たことがありますが、私は寡聞にして夫婦でストリップを観に行く日本人を知りません。ストリップでもヌードショーでもただのショーでも、そういったアレは観光目玉として誇れる舞台芸術なのか、単に旅の恥はかき捨てということなのか。

しかし日本人的には、同じ女性を愛でるなら一度はお座敷遊びを経験したいものです。お遊びの前に舞をひとさしふたさし舞って頂けるそうですが、日本舞踊を知らない人でも楽しめるんでしょうか。うっかりあくびなどしてしまったらその後の対応は推して知るべしです。AKB48は個人的にはそこまで好みでは、ってそもそも同列に挙げるのが間違ってる気も。
そういや男肉 du Soleil劇団鹿殺し(現在は拠点を東京に移していますが元は神戸の劇団です)では集団男性の半裸を鑑賞できますので、そっちがお好きな方は是非行ってみて下さい。さっきから一体何を書いてるんでしょうね私は。

世界の劇場

グローブ座 Wikipediaのサイト
バーチャルツアー

ウィーン国立歌劇場 Wikipediaのサイト
バーチャルツアー

フォード劇場 Wikipediaのサイト
バーチャルツアー

梅蘭芳大劇院(中国国家京劇院の附属劇場)
公式ページ

国立能楽堂 Wikipediaのサイト
フォトツアー

「一度は行ってみたい世界の劇場」みたいな感じでまとめサイトがあるかと思ったら、意外と無いもんですね。劇場というのは演目がメインで建物を観るものではないからでしょうか。ちなみに「世界 劇場」でgoogle検索すると全くお呼びでないものばかりがヒットします。
あとバーチャルツアーは結構酔います。

FC2Ad