トカゲなる日々

劇団万国トカゲ博覧会の生態

物語の機能


本をよむことと精神分析というのは、とてもよく似ているんじゃないでしょうか。精神が不安定になったとき、精神分析医にかかって、横になって先生に自分自身のことを語っていく。精神分析医は、ある意味では作家なんですね。話を聞きながら、その人を主人公にしたひとつの物語を作り上げる。あなたがいま不幸なのは、あの出来事が第一の伏線であり、第二の伏線があそこにある・・・・・・、などと患者が体験したことを整理して物語にしてあげると、患者は癒やされていくんですね。
(中略)アメリカ人は、何か悩みがあると、すぐに精神分析医にかかりますね。アメリカというのは、それだけ複雑で、緊張して生きていかなければならない社会なんでしょう。そういうところでは、物語の力を借りて自分を知的に武装しないと、一日も生きていけないのかもしれない。だから、精神分析があれだけはやるのだと思います。
逆に、アメリカの人たちはそれだけ物語の力を信じているのかもしれません。そこにまた作家たちの執筆意欲が強く向かう。ですから、小説であれ、ノンフィクションであれ、アメリカ人が書いた作品は、みごとな物語があっておもしろいですね。

井上ひさし「本の運命」(1997)文芸春秋社 pp.150-151(文庫版)


続きを読む
スポンサーサイト

みんなで演出すれば怖くない

プロデュース公演を考えています。劇場を借りるとなると照明・音響機材も大がかりになってお金もかかりますが、乗り打ちとかで気楽にやりたいんです。幸い知り合いに演出家の方が何名かいらっしゃるので、一つの短篇戯曲を複数名で演出するみたいな企画ができたらいいなと思ってるんですけど。
大阪府・Mさん(20代)


なかなか難題に思います。誰がやっても似た様な仕上がりになる戯曲では、集客もさりながら当の参加者が楽しくありません。
思い切り解釈の分かれる戯曲となると良く知られているのは「ハムレット」ですが、残念ながら長編です。候補に考えていらっしゃる演出家の方々のお名前をお聞きしますと、皆様人気劇団の売れっ子の様ですので、拍を付ける意味でも古典作品を選ぶのは一つの手段だと思いますが、短編戯曲でかつ著作権が切れているものとなると岸田国士チェーホフでしょうか(リンク先は青空文庫のサイト。翻訳者の著作権については別途確認下さい)。全員で同じものを演出するのではなく、岸田作品の中で一つ選ぶ形にする方が無難な気がします。
調べてみてわかったんですが、古典で短篇となると喜劇ばっかりなんですね。。。喜劇が駄目とは言いませんが、人によって解釈が分かれるかというと、どうでしょう。

続きを読む

女子の裸が見たい人向けの芝居

先日、久々に小劇場ではなく大劇場のお芝居を観に行きました。
出演者に一人ジャニーズのメンバーが居たせいか、広い客席の9割9分が女性でした。ジャニヲタは来るなとかいう話ではなくて、芝居を観に行くモチベーションとして、好きな芸能人を生で見たい!というのは大きなウェイトを占めるのだなと。娯楽がこれだけ多様化し、家で好きなだけネットの映像を観られる時代に、わざわざ休日を潰して遠出して高いチケット代を払う理由は非常に限られるのです。
先週終演した「女子がほぼ裸の以下略」、ライブユニットのぽぴぽさんが出演していたこともあり、芝居とライブの中間的なイベントだったと思います。チラシに釣られた助平野郎はさて置きぽぴぽさんのファンの方に大勢ご来場頂いて、普通の小劇場演劇とは客席の空気がひと味違った感じでした。笑いのツボが違うというか、拍手のタイミングが鋭いというか。
役者をメインに据えてそこから全体を構成するやり方は、芸能界ではもっぱら宣伝活動として行われている訳ですが、集客力の面では文句の付けようがありません。そして芝居は観客も一緒に作るものであり、観客の需要を吸い上げることでは芝居はテレビや映画よりも適した媒体です。何せ目の前に居ますから。私は普段そういった芝居をやらないのですが(というかこれだけ前面に出しているのを小劇場で見たのは今回が初めてです)、一つの方法として普通にあるんだなと再認しました。
とりあえず女優の皆様及び演出家・振付担当他スタッフの皆様、ありがとうございました。お疲れ様です。

女子がほぼ裸の終演

dodogaku.jpg

終演致しました。

予習をして劇場に行こう

世間の流れにとことん疎い私、三谷幸喜氏の最新監督映画が封切られていたことをさっき知りました。亀より遅いことを示す端的な言葉は無いものか。
で本編は見ないまま公式サイトやらレビューサイトやらをチェック致しましたところ、8割方の肯定的なレビューと2割の否定的レビューがあり、そして後者の一因が「制作側が期待したほど観客は日本史に詳しくなかった」ということらしいのが非常に興味深いです。つまり日本史について若干予習が必要であったと。まあ戦国武将の通称なんて日本史の教科書には載ってませんし。
にしても観客に予習を求めるのは無茶なんでしょうか?

続きを読む

FC2Ad