トカゲなる日々

劇団万国トカゲ博覧会の生態

そこサリ精算会

sputnik.さんの精算会に行って来ました。

SN3S0842.jpg

年度末ですし、色々なお話があり。
次回公演の話もあり、「万国トカゲ博覧会の次回公演っていつ?」と聞かれたり。うう。

スポンサーサイト

舞台を見ない時間

「私がしょっちゅう視線を宙に漂わせているのを見ても変に思わないで下さい。実際のところこれが私流の本の読み方なのでして、こうしないと読書の効果がないんです。ある本に本当に興味を感じると、私はほんの数行しか読み進むことができないんです、その本が提起する思惟や感情や問いかけやイメージに囚われてしまって、私の頭は別方向に脱線し、思惟から思惟へ、イメージからイメージへと飛躍していき、そうした推論や空想の全行程を行きつくところまで行かなくては気がすまず、その本から離れて、ついにはその本を見失ってしまうのです。私には読書の、滋養に富んだ読書の刺激が欠かせないんです。たとえどの本もほんの数ページしか読み進めなくともです。その数ページの中にだけでも私にとっては究めることのできない全宇宙が含まれているのです。」
「よくわかります」ともうひとりの読者が、読んでいる本のページから青白い顔を赤い目を上げながら、口をはさむ、「読書は非連続的な断片的な作業です。と言うよりも、読書の対象は粒状の、花粉状のものなんです。(中略)その本がもたらす真実が、その本の究極的な本質が、かろうじて関知しうるほどのひらめきとなって、啓示されるのはそうした裂け目を通してなのです。神話や神秘が蝶の脚の先についた花粉のように目に見えないほど小さな粒子で構成されているのであり、そのことをわきまえた者だけが啓示を、啓蒙を期待できるんです。そのために私は、あなたが言ってたのとは逆に、一瞬たりとも本の行から注意を怠るわけにはいかないんです。なにか貴重な手がかりを見逃すまいと思うと注意をそらしてはならないんです。こうした意味の凝塊した部分に行き当たるたびに私はその塊の部分が鉱脈となって伸びていないかどうか調べるためにそのまわりを掘り続けなくちゃあならないんです。そういうわけで私の読書は決して終わることがないんです、何度も読み返し、そのつど文章の襞の間に新たな発券を求めるんです。」

イタロ・カルヴィーノ 「冬の夜ひとりの旅人が」 脇功訳 1981年 松籟社 第十一章


続きを読む

演劇というパッケージ

純文学と呼ばれるジャンルの本をたまに読みますが、一般的なイメージ通り難しい訳です。3ページ読むと睡魔に襲われます。
だからつまらないかというとそうではなくて、単にコンテンツが高密度なので読む側の消耗が激しいのです。一度に集中力を保って読めるのは10ページでも、毎日読めば一月で読み通せます。その辺の進度は人に依るでしょう。そこいくとライトノベルなんかは、どんな人でも一冊読み通せる様にできているということですね。何にしろ本を読むペースは各自で自由です。
現代美術の展覧会なんかも同じではないかと思います。現代美術の特徴の一つは美しいことやメッセージ性があることではなくて、既成の概念に嵌まらないこと、つまり『これは何だろう?』と観る者に問わせることではないかと思います。そうして立ち止まって考えるには時間がかかる。考える時間も人によってまちまちだから、各自が自分のペースで見て歩くというスタイルがちょうど良いんではないかと思います。

続きを読む

本なんて飾りだ

先日、都心のシャレオツな家具売り場に迷い込みまして。
ここは私の居る場所じゃない、とうろうろしていたら目に止まったのが、書架コーナーのオーナメントとして使われていた英語の古い本。数十冊はあったと思います。装丁がほぼ同じでしっかりした作りだったので同じ出版社のシリーズ物か何かだと思うのですが、私の英語力ではよくわからなかったです。とにかく古びて良い雰囲気の本でした。
古本屋から仕入れたらしく値段が鉛筆で書き込まれており、見ると¥3600。え?1冊で?じゃあ全部でおいくら?

と、小市民っぷりを遺憾なく発揮しながら売り場を後にしたんですが。決して安くはない本が純然たる装飾用途で潤沢に使われているのを見てしみじみ感嘆してしまったので、覚え書きということで。本にはこういう需要もあるのかと。著者が見たらどう思うんでしょうね。
あと日本語の本は装飾用途に使えないんだなという当たり前の事を思いました。シャレオツ度はさりながら、本の内容が一目でわかってしまうので、どんなジャンルを揃えるかに一苦労です。ちなみに上記の本は、タイトルを見たところでは人文系の評論の様でした。日本語でも画集やパリの街角写真集ならいけるかもしれませんね。

憧れのスターと同じ舞台に

新歌舞伎座のチケットが安く手に入りますよ」というお知らせが職場に回って来たので、ちょっと見てみたところ、こんなものも目に入って来ました。

新歌舞伎座 「細雪」の舞台に出演しよう!キャンペーンのご案内 (終了しました)

という小ネタで今日はお茶を濁すつもりですが、おばあちゃんの着物がタンスに入っていて会場の近くにお住まいなら、結構アリだと思います。「オレ新歌舞伎座の舞台に立ったことがあるんだぜ!」というネタにはなるでしょう。絶対に大和悠河さんと同じ舞台に立ちたい!という方にこの条件が揃うかは謎。
そして稽古場でも舞台上でも、スター達に目を奪われていてはエキストラは務まらない訳で。エキストラを真剣に務め過ぎるとお目当ての役者を間近に見るチャンスを逃す訳で。痛し痒しですか。
あとうちの職場がまだ組合で演劇チケット購入なんてことをしているのを知りました。昔は良かったんだなあ。。。

FC2Ad