トカゲなる日々

劇団万国トカゲ博覧会の生態

2016年に読んだ本

今年もあんまり当たりがなかったなあ。。。
読書量が年々少なくなりつつあるのを棚に上げて、『多くの良書には逢ったがただ一冊のお気に入りには逢わなかった』みたいな感じですかね。
一応今年の☆印を挙げますと、

  • 「皇帝ハイレ・セラシエ」リシャルト・カプシチンスキー
  • 「カブキブ!1~4」榎田ユウリ
  • 「プロローグ」円城塔
  • 「シャイロックの子供たち」池井戸潤
  • 「日本沈没」小松左京
  • 「ぼくらの近代建築デラックス!」万城目学・門井慶喜
  • 「わかりあえないことから」平田オリザ
  • 「鷹狩りへの招待」波多野鷹

「プロローグ」は「エピローグ」と合わせて数回読み直さないとわからない気がします。もっと体力のある時にやります。

そんな訳で冬休みに入ります。来年は年明けから早速sputnik.さんの公演に巻き込まれる予定です。皆様も良いお年を。

スポンサーサイト

脚本はスマホに限るか

「天才シクリッド」劇団夜光鯨@大阪大学懐徳堂スタジオ

を観に行きまして。
出演者の方に軽くお話を伺ったところ、現役大学生が多数を占めるキャストの皆様、脚本はスマホで見るのが当たり前なんだそうです。
おお、「脚本を電子化しよう」とか書いてたら、それが現実に!
駄目出しとかはどうやって書き込んでるの?と聞いたら「みんな覚えてるみたい」。何だその身も蓋もない話は。みんな若いから記憶力がいいのか。
あとスマホはさすがに画面が小さいんじゃないかしら、タブレットの方が見やすいんじゃと思いますが、若いから目もいいのか。ちくしょうめ。

続きを読む

芸術に縛りなんてない

「名画は嘘をつく」木村泰司 2014年 大和書房

という近世の西洋画について紹介する本を読みまして、

  • 風景画は宗教画・歴史画よりも格下
  • 現実の風景は美しくないと見なされており空想の風景ばかり描かれる
  • 人間の絵も現実ではなく理想に添って描かれる
  • 母子像は抱き合っているのが普通
  • 天使は羽があって頭に光輪があるのが普通
  • 聖母マリアは赤と青の服なのが普通
  • 花の女神フローラを描く時はモデルは娼婦なのが普通
  • 人間の体毛は髪の毛以外描かないのが普通
  • 肖像画は横顔が普通で、正面を向いた顔は描いたらだめ(聖人除く)
  • 静物画のモチーフには一つ一つ意味がある
  • 宗教画にはうんざりするほど全てのモチーフに意味がある
  • そもそも「宗教画は崇高でなければならない」とかいうお触れが出ている

みたいな規則でがんじがらめな西洋画の世界を知って遠い目になりました。何じゃそりゃ。

続きを読む

FC2Ad