トカゲなる日々

劇団万国トカゲ博覧会の生態

チラシの裏面

岡本です。
皆様いかがお過ごしでしょうか。

先日、第2回公演「Alice~」で共演した石川さんに呼ばれ、ONE WAY TRIPという劇団の受付をお手伝いしてきました。
制作見習いとしては、見ていて勉強になることが多いです。
こういう感想を持ってしまうあたり、まだまだ見習いなんですけど。

公演最終日は、今回の公演のチラシを作った方と一緒に受付をしました。
某先輩劇団Kの、某大先輩なのですが、彼にチラシの裏面に乗せる情報の重要性をとくと説かれました。
見に来てくれる人たちにとって、重要な情報をどれだけきちんと載せられるか。
とても大事なことです。

たとえば、次回公演の会場は、梅田にあるけれど、結構わかりにくい場所にあります。
それでも場所をちゃんとわかってもらえるような地図を載せることが、今回のチラシに求められるわけです。
そんなの、今回に限ったことじゃないけど。

で、さらに芝居の内容。
今回はオムニバス公演だけど、チラシを見た人に「こんな内容の芝居をするのね」ってわかってもらうのに、どうやって説明するのか。

語った本人は忘れてしまうかもしれないけれど、語られたこちらとしては、次回公演のチラシに関してなんだか妙なプレッシャーを感じたのでした。
(私は宣伝美術じゃないけど)
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://tokageexpo.blog.fc2.com/tb.php/128-9e19000b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad