トカゲなる日々

劇団万国トカゲ博覧会の生態

見た目も本の内

以前こういうことを書きましたが、日本のライトノベルも大体似た様なことになっている様です。

「ライトノベル 文章」で画像検索した結果

どうも『新しい表現への自由な挑戦』よりは『単なるページ数稼ぎ』に見えてしまうんですが。私がこれをやったら役者とスタッフに殴られるだけだし・・・・・・
新井素子著「おしまいの日」(1992年初版)には丸々数ページ文章を黒く塗りつぶした箇所があり、著者が後書きで「印刷所との話し合いが大変だった」と漏らしていました。現在では印刷技術が向上して、こうしたものも簡単に印刷できるんでしょうか。

そういや先日「カリグラフィー・ブック」という、中世の写本工房に弟子入りしたらこういうことを習ったんだろうなあという本を読みました。現代の本で全頁でこれをやると印刷費用がすごいことになりますが、グーテンベルク聖書みたいなのをまた誰か作ってくれないかしら。科学系の百科事典には素晴らしい装丁のものがありますけれど、文系は儲からないからなあ。

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://tokageexpo.blog.fc2.com/tb.php/228-7920210b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad