トカゲなる日々

劇団万国トカゲ博覧会の生態

Web雑誌の時代

・・・雑誌の時代は偏りこそが重要だった。限られた誌面の中で何を取り上げ、何を取り上げないか。そこにその媒体の編集方針が反映され、送り手の意志が見えてくる。そうやって雑誌は自らをブランディングし、固定読者を獲得してきた。送り手と読み手の関係はおのずと濃くなるし、それはそれでもちろん素晴らしいことだ。
だが、そうした雑誌のあり方を「メディアの理想像」としてそのままウェブサイトに適用するのは、今やなかなか難しいように思う。なんといってもウェブの読者は移り気だ。移動や休憩の時間に目を引く記事を見つけたらなんとなく読み始め、少しでもつまらなかったり読みづらかったりしたなら、あっという間に離脱してしまう。だからこそナタリーでは記事の数を増やし、読者が興味が持ちそうな選択肢をなるべく多く提示することを心がけている。
(中略)どんなに丹念に作り上げたサイトも、ウェブという巨大な場の中のごく一部でしかなく、その境界線はひどくあいまいで、読み手はいつでもどこにでも行くことができる。ウェブの世界ではその自由こそが重要なのだ。何を読むか/読まないかについての選択権、主導権は読者の側にある。例えばあなたが街角に立って、あっちに行けとかこっちを見ろとか言われたらきっとイヤだろう。世界中の好きなところを自由に訪れたいと思うはず。自分はウェブサイトを運営するときにはその感覚を尊重したいと思っている。
だからナタリーではいわゆるキュレーション(=読者が受け取る情報を絞り込むこと)はしない。世の中にあふれる情報を片っ端から集めてきて、恣意的なセレクトを極力せずに送り出すだけだ。今は1日に100本ほどの記事を配信しているので、仮に1記事あたり800字だとしても100本あれば8万字。そこに数千字規模の特集記事が何本か追加されると、薄い新書1冊分に相当する分量になる。それらのテキストを毎日残らず読むのは普通の人には不可能だろう。だから読者はその中から、自分の好みや感性に引っかかったものだけをつまみ食い的に読んでくれればいい。

大山卓也 「ナタリーってこうなってたのか」(2014)双葉社 pp.70-72


音楽やお笑い等のポップカルチャーのニュースサイト「ナタリー」の創業者が、立ち上げ前夜から現在までの歴史や、サイトのコンセプトについて語った本です。元は雑誌の編集者であったとのことで、紙の雑誌と情報サイトの違いに関する記述は興味深く、大変おもしろく読みました。ナタリーのサイト自体は見たことないんですが。。。
私は紙の本は偏愛していますが紙の雑誌はそうでもないので、電子媒体の台頭も、この本を読むとむべなるかなという気がしました。読者が自由に読みたい記事を選ぶために、媒体として正にwebは適していると思いますが、結局記事を書くのは人間なので、そしてナタリーは膨大な量の良質記事を揃えるためにつねに人手不足らしいので、印刷代がかからなくても人件費は上がるんならコストは減らんよなあと思います。
同じことを演劇と映画で考えると、観客がどこを観るか・何を観るかを選べるのはもちろん演劇の方ですが、膨大なコンテンツを揃えられる点では映画(というか映像)が勝っています。そこを突き詰めると、将来はノベルゲームの様な映像作品が登場するかもしれません。

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://tokageexpo.blog.fc2.com/tb.php/250-c2c5c65c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad