トカゲなる日々

劇団万国トカゲ博覧会の生態

長台詞

・・・胸を高鳴らせて窓辺からホスローの姿を見守るシーリーン。月明かりのもので沐浴するシーリーンの美しさに見惚れるホスロー。あらゆる恋人たちが見交わす優雅にして繊細な眼差し。井戸のたもとで白い悪魔を縊り殺す勇者ロスタム。愛のあまりに正気を失い、荒野でトラや高山に住むヤギと心通わせるマジュヌーンの悲哀。雌オオカミと番いたいばかりに、夜な夜な羊の群れから一頭ずつ差し出した挙句、木に吊るされる意地汚い牧羊犬。花々や天使、葉の生い茂る枝や小鳥、あるいは流滴文様で飾られた頁の枠装飾。ファーフェズの精妙な詩片に華を添えるウード弾きたち。幾千、幾万という徒弟たちの目を潰し、名人たちの光を失わせた壁面装飾。門の上に掲げられ、あるいは壁面にかけられた銘板や、挿絵の場面を分かつ枠線の中に忍ばされた詩の対句。壁のたもとや隅っこ、破風や人の足許、灌木の下や岩々の間に隠された控えめな署名。恋人たちを覆い隠す掛布団や花々。いまは亡き今上陛下の曾祖父君が、勝利を目前にして敵方の要塞に襲いかかる場面で、端の方にものも言わずに転がる異教徒たちの首級。異教徒の大使が祖父君の服の裾に接吻するとき、画面の奥の方に――たしかあの本の製作には、若いそなたも加わっていたな――見える大砲や小銃。そして天幕。角つき、角なし、尻尾つき、尻尾なし、歯やら爪やらの尖った悪魔たち。利発そうなヤツガシラやそこらを跳ねまわるスズメ、幼いトビや詩を囀るナイチンゲールをはじめとする何千羽もの鳥たち。呑気な猫たち。物憂げな犬たち。気ぜわしげに流れゆく雲。何千回と繰り返し描かれた可愛らしい背の低い草や慣れぬ手つきで陰をつけられた岩。預言者様もかくやという忍耐強さによって、一枚一枚の葉が描きこまれた何万本ものイトスギにスズカケノキ、それにザクロ。ティムールやタフマースブ王の時代にまで遡る王宮に範を取りつつも、さらに古い時代の伝説を彩る宮殿や何十万枚というタイル。草原に咲く花の上や、春の樹木の木陰に広げられた絢爛豪華な絨毯の上に坐し、乙女と美童の奏でる楽の音に耳を傾けて悲嘆にくれる何千人もの王子たち。――挿絵を彩るタイルや絨毯のまったき美はな、この百五十年というもの東はサマルカンドから西はイスタンブルまで、幾千もの徒弟たちが笞で打たれ、こぼしたその涙にこそ負うているのよ。ほれ、そなたとて、いまだにひたむきさを失わずに描くではないか。壮麗な庭園やトビを。予期しえぬ死や戦場を。優雅に狩りに興じる皇帝や、同じように優美に怯えまどう鹿たちを。死んだ王や捕虜となった敵を。異教徒どものガレオン船や敵方の都を。星の瞬く夜の闇――そなたの筆から闇がこぼれ落ちたかのように輝いていたな――や幽霊のように不気味なイトスギを。それに赤く塗りあげられた愛と死の絵を。・・・・・・
オルハン・パムクわたしの名は赤〔新訳版〕(上)」 2012年 早川書房 pp.120-121

日本文学ではなかなかお目にかからない長広舌です。古代~近世で人物の服や装具を描写する下りがちょっと似ているかもしれません。
文章ならば適当に読み飛ばせますが(詳しく読みたければ気力のある時に読み直すことができます)、これを台詞でやると相当辛いです。途中で観客があくびを噛み殺すのが目に浮かぶので、大抵の役者は稽古の時点で「削れ」と言います。
シェイクスピアなんかではしょっちゅうこういう台詞がありますが、あれはつまり観客がかぶり付きで舞台を観るものではなかったからでしょう。劇場の途中入退出や飲食・私語が禁じられ、またテレビドラマがチャンネルをいかに換えさせないかを追求した結果、台詞のセンセーショナルさのインフレーションが起こっているのかもしれません。

そうなると逆にやりたくなるのが人情というもの。イギリスの誇る王立劇団Royal Shakespeare Company監修「playing shakespeare」では長台詞のしゃべり方について『長い台詞を一つの要約されたニュアンスで押し切らない。台詞の間も話が進むように。独白している役者を観客がただ眺めることがないように。台詞を言う人物の思考を観客が一緒に追って、感情を分け合えるように』との議論がなされていました。本が手元に無いので&和訳に自信が無いので正確な引用は割愛。
その他に脚本家ができることは、長台詞の周辺の部分のテンポも考慮することですか。演出家ができることは長台詞を言う役者がむやみに焦ってしまわないか、逆にたっぷりやり過ぎてしまわないか調整すること、周りの役者は適宜リアクションを取るなどの補助を入れること、等等。
つまりやってできないことはないが手間はかかるということで。

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://tokageexpo.blog.fc2.com/tb.php/274-9ef8b839
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad