トカゲなる日々

劇団万国トカゲ博覧会の生態

今日も本を読んでいます

非実在青少年と同じ位実存の危うい当ブログの読者様から「前に書いてた本持ってるよ!」と貸して頂いたので読みました。

ジーン・ウルフ 「デス博士の島その他の物語」 2006年 国書刊行会

SF短編集です。おもしろかったです。
SFといえばエイリアンの来襲に宇宙戦艦で立ち向かう的なステレオタイプなイメージがあっったため敬遠しがちだったのですが、筒井康隆も円城塔もおもしろいもんなあ。SF食わず嫌いを改めようと思いました。
以下、少し内容に触れますのでご注意下さい。

順番通り解説を最後に読んだところ、「収録作の○本目は○本目の隠し続編になっている」とか「語り手がどの時点で幻覚剤を飲んだのかは読者が自分で読み解かねばならない」とか、そうなの?あ、ほんとだ!すげー!と自分の読解力の無さを見事に露呈してしまいました。何となく読んでおもしろかったらそれでいいじゃないという向きもあるかもしれませんが、やはり作者の技巧はできるだけ理解できる方が楽しいと思うのです。
解説を本編の前に読むか後に読むかは好みの分かれるところではあります。私の場合、先に読んでいれば作品をもっと深く楽しめたかもしれませんが、まず白紙の状態で読むのも一つのやり方です。がしかし解説を読んでからもう一度読み直すのは骨だしなあ。解説を読んだから作品に心惹かれるというケースもありますし。松岡正剛の千夜千冊とか。

ともあれ読んだ本のことを他の人と話すのは有用だと改めて感じたのでした。ネットではひたすら本をけなすことしかできない読者も見かけますが、それでも自分と違う観点からの意見ではあるでしょう。本を読むのはそれなりにコストのかかる作業なので、自分と同じ本を読んだ人を探すのがそもそも一苦労という話も。

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://tokageexpo.blog.fc2.com/tb.php/277-f9db8cf6
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad