トカゲなる日々

劇団万国トカゲ博覧会の生態

思い出はいつも綺麗だけど

引っ越し先の家が前より狭いため、色んな物を捨てざるを得なくなりまして。
大学入学したての頃に劇団ちゃうかちゃわんの新入生歓迎公演を観て以来、観に行った+参加した全ての公演の台本・パンフレット・当日パンフ・チケット・仮チラシ・予約特典、諸々の資料を全て真面目にファイリングしておりましたが、これが背幅12cmのパイプファイル十冊近くに及び、さすがに観に行っただけの分は涙を飲んで捨てることにしました。
せめて捨てる前にチラシのスキャンだけでも、と思って作業を始めたところ、量が多過ぎて別の意味で涙を流しております。

チラシやパンフレットには必ずしも粗筋が書いてないことも相まって、芝居の内容を覚えてないものが意外に多いです。「観に行った筈なんだけど内容は覚えてないなー」ならまだしも「え、こんなの本当に観た?」レベルがちらほら。
そういうのは恐らく、無難で何となくウェルメイドな作品だったんだろうなと想像します。腹が立つほどつまらなかった作品はむしろ覚えてますから。色物も然り。
その辺りは、邦画でも、酷評された作品の方がむしろ話題を呼んで動員が増えるシステムと似ている気がして、少し悲しいです。「まあ悪くない」は「最低だ!」よりはマシな筈なのに。

あと、今sputnik.さんやら何やらで関わりのある人を昔ちょいちょい観ていたことが判明しました。そしてその当時の記憶が全く無い。これも何か寂しいですね。

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://tokageexpo.blog.fc2.com/tb.php/286-a1364cf7
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad