トカゲなる日々

劇団万国トカゲ博覧会の生態

口述筆記してみた

前回、口述筆記に関する記事を書いたので、試しに使ってみました。この記事は google chromeの 口述筆記 アプリ Dictanote入力しています。太字部分が後で修正が必要だった箇所です。(句読点や括弧は除きます)
どうして「前回先輩」や「弁髪」になるんでしょうか。マイクの性能の問題でしょうか。

「さしすせそ」や助詞(てにをは)時々認識してくれません。普通は小さな声で言いますもんね。
自分一人で使う分には思ったより漢字変換について問題ないようです、私がタイピングが面倒だと思うのは、主に大量の引用を行うときです。送り仮名が時代によって変わります(旧仮名遣いなど)「ないひらがなで「ないするか漢字で「無いするか人によってくせが違います。私と違う癖の人の文章の漢字変換行う後で面倒なので嫌なのです。
その意味ではいちいち変換候補を表示してくれるwindows音声認識の方がいいかと思いましたが、格段につかいものになりません。ふざけるなこの(以下自粛
あとこれ、かぎかっこや英語の綴りなんかはどうすればよいのでしょう。「2016年3月20日」、、数字は大丈夫ですね。「twenty sixteen、英語は言語設定を変更しないとダメなようです。

太宰治例が非常に有名ですが、特に脚本について口述筆記のメリットは、ゴロが良いかどうか、リズムについて、脚本家が話しながら自分で確認できることではないでしょうか。
私としては以前にも書きましたが、登場人物の口調が全て「成瀬さんっぽいですね」と言われてしまうのではないか恐ろしいです。
あと役者エチュードを撮影して脚本に起こすという手法を取っておられるのを見たことがあります。そういう時には役者一人一人にマイクをわたせばきっと簡単です。(マイク代は?)

どうでもいいんですが、一人でpcに向かって話すのは正直言って虚しいです。初めて電話を使った人は「俺何で機械に向かって喋ってるんだろう」と同じ虚しさを感じたに違いありません。これも慣れの問題でしょうか。でも淋しいです。
むやみに一人長台詞を書くのは、役者がきっと寂しくなるから控えようと思ったのでした。
あと、こっ恥ずかしいセリフも自分で言うのは嫌ですね。人に言わせるならともかく。ハハハハ。

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://tokageexpo.blog.fc2.com/tb.php/313-da80ca61
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad