トカゲなる日々

劇団万国トカゲ博覧会の生態

六斎念仏

SN3S1263.jpg


少し前の話ですが。清水寺千日詣りに際して行われる六斎念仏の奉納を見てきました。
私が見たのは中堂寺六斎会の、特に芸能六斎と呼ばれる代物でして。そもそも六斎念仏というのが何なのかWikipediaを読んでもよくわからず、そして念仏なのにどうして獅子舞(写真右)と土蜘蛛(写真左の糸引いてる人)がタイマンを張っているのか、恥ずかしながらどうにもわかりません。

これが数百年前には人口に膾炙した大衆芸能だったのか、と思うと不思議な感じです。その頃のDNAがまだ体に残っている様な気がしないでもないですが、それでも現代のテレビ番組なんかとはかけ離れています。
明治と戦後に西洋の文化がものすごい勢いで入ってきたために、もはや現代日本人は、日本の古い文化と西洋文化なら、後者の方に格段に素養があるんじゃないでしょうか。失われたものはなかなか大きい。
けれどこうやって観光客面して観に行くことで、何がしか思うこともある訳で。自国の文化をもっと知ろう。
でも暑かったなー。

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://tokageexpo.blog.fc2.com/tb.php/333-2fa4f843
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad