トカゲなる日々

劇団万国トカゲ博覧会の生態

女性を演じること

先日、拙作を読んで頂く機会がありまして。皆様ありがとうございました。
その際、「この役は自分が『女』であることをわかっている女優が演じるべきだ」というコメントを頂きまして。
はて。
ちょっときちんと考えてみたいと思います。

例えば好きな男性に手作り料理を渡す女性が居たとして。
その女性は「料理が得意な女性は女性としての魅力が高い」と考えている可能性があります。もしくは相手の男性のことを「この人は料理が得意な女性を魅力が高いと考えている」と考えているか。
この前提について当人はどう思っているか。「女性だから料理位できて当たり前」なのか、「料理は全然好きではないけれど致し方が無い」のか。「料理が得意な女性を男性が喜ぶのは当たり前」なのか、「なんで男性は料理上手な女性が好きなのかわからない」のか。
性的役割の意識に関係なく単に料理が好きで、たくさん作ったから好きな人にあげたという場合もあるんですが、世間の様々な価値観に揉まれた大人なら、その辺りの機微を一切意識せずにいることはちょっと難しいんじゃないかと。

では、好きな男性に手作り料理を渡す女性の役を演じるのに適当な女優とは。
別に誰がやってもおもしろいと思うんですが、「料理は好きでない」「料理ができなければならないと思っていない」「なんで男性は料理上手な女性が好きなのかわからない、男性は料理上手が好きだと思っていない」だと、色々厳しい、のかしら?
シェフ役を演じる俳優が料理上手である必要は無く、料理も別段好きでなかったとしても、稽古の中で色々わかってくることもあるので、決してそのキャスティングは無意味ではないと思います。
ただ料理が好きでないのに「女性だから料理位できて当たり前」と周りから言われ続けている、そしてそれを致し方無いと思っていない女優さんだと、あまり楽しくないだろうなあ。

私としては「料理が得意な方が女性としての魅力が高い」と考える人は世の中にいる、ということをちらっとでも意識してくれたら、それで充分だと思うんですけどね。「別に料理は好きではない」「単に作り過ぎたからあげるだけ」「世間ではこういうのは女子力アピールらしいけどそんなんじゃないし」「全然そんなんじゃないし」「本当にそんなんじゃないんだけど。どうやったら信じてくれるんだろう」「いやしかし下心が全く無いかと言われると」とか。うわー自分で書いててキモいなー。

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://tokageexpo.blog.fc2.com/tb.php/365-bd822657
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad