トカゲなる日々

劇団万国トカゲ博覧会の生態

マニュアルの作り方

これまた全くの私事で申し訳ありませんが、4月から新しい所に勤めております。新参者ですので毎日覚えることだらけです。
きちんと時間を作って引き継いでもらうこともありますが、業務が発生したらその場で教えてもらう、という形の方が多いかもしれません。その辺り業種によってやっぱり色々違うのか、興味のあるところですけれど。
そして定型業務であれば順々に発生していきますが、そうでない業務も当前発生します。ですから仕事を教わった順に自分用マニュアルというかメモを書くと、後から読み直した時に、時系列やらカテゴリやらがバラバラな訳ですよ。そもそもどれをどうカテゴリ分けしたら良いかわかってないこともあるんですよ。そして後から加筆修正もしたいのですよ。
どら●もん、こういうのを整理するのに便利な道具を出して!

と思いつつgoogle先生の助けを借りてみると、「発想支援ソフト」(マインドマップ作成ソフトとか)なるものがあるそうですね。まだきちんと文章になっていないアイデアの整理に役立ちます。画像検索して頂けるとイメージが掴みやすいかと。
マニュアルでなく普通の文書(それこそ小説とか脚本とか)の章立ての整理にも使えるんだそうです。…んー、ぱっと見た感じでは、脚本を書くのには(私は)要らないかも…

そういや昔、htmlでハイパーリンクをばんばん使った引き継ぎ書を作ったら好評だったことがありまして。文章間の参照が手軽にできるというのはやはり魅力だと思います。
という訳で自分用メモがそのまま引き継ぎ書に流用できたら嬉しいなあ。後任の人に分かりやすいのが作れるといいなあ。相互参照も楽々できるといいなあ。。
と思いつつ再度google先生の助けを借りると、やっぱり「マニュアル作成ソフト」なるものがあるそうです。内部の引き継ぎ向けというより顧客向けの感じがしますが。

真面目に調べれば調べるほど「ソフトを買ってインストールして使い方を覚えるのが面倒くさい」という結論に達してしまうのは置いといて。この二種類のソフトがそもそも二種類として存在する、つまり二つをドッキングさせたソフトがぱっと見に見当たらないのが(普通に要らないですけど)、人間の思考プロセスについて考えさせられます。この二つの境目ってどこなんでしょう?
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://tokageexpo.blog.fc2.com/tb.php/38-ba09fed7
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad