トカゲなる日々

劇団万国トカゲ博覧会の生態

脚本は縦書きが普通だと知った今日この頃

締切次郎との死闘も遂に幕を閉じ、無事脱稿を果たしました。奴の追い上げも大したものでしたが、向こうは私の土壇場のスプリント力を舐めていた様です。デッドヒートの末、見事振り切ることに成功しました。締切次郎はスト―カーと違って、走ったら逃げ切れるのが良いところです。締切次郎、アデュー。

さて、途中まで書き上げた脚本を参加者の皆様にお渡ししてまず言われたことが、「横書きで読みにくい」。そういったことはこれまで、言われることもあれば言われないこともあったのですが、今回はなるほどと思い、縦書きで執筆してみることにしました。
そして何故自分が今まで縦書きにしなかったのかがよくわかりました。絶望的に書き辛い。画面の中に1行の長さが収まらないので、改行する度に表示をスクロールする必要があるんです。ページ移動も今ひとつうまくいかないし。縮小表示すれば良いじゃないというあなた、私の視力がいくつだと思ってるんですか。
私のノートPCのディスプレイは横長ですし、そもそも最近のノートPCのディスプレイは軒並み横長ですし、これはもうPCメーカーが縦書き文化を抹殺にかかっているのに違いない!一応ipadやピボット機能の付いたディスプレイは縦に90°回転して表示できるんですけどね。
そういやアラビア語は右から左に書く言語ですが、アラブ圏のPCはスクロールバーが左側に付いているとか、その辺の配慮はなされてるんでしょうか。みたいな無駄にグローバルな話はともかく、世の脚本家の方々はどうやって縦書きで執筆してるんでしょう。目がいいから文字が小さく表示されても大丈夫とか、フォントの大きさや文字間隔を工夫しているとか?
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://tokageexpo.blog.fc2.com/tb.php/53-881d87c4
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad