トカゲなる日々

劇団万国トカゲ博覧会の生態

ご当地演劇

私事ながら、先日香港に観光に行って参りました。ここは一つ京劇でも観るかと思ったところ、どうも京劇は北京のものらしく、香港で主に上演されるのは広東地方の粤劇というものなのだとか。どちらにしても結局観ずにしまいましたが。
一つの国の中でも演劇の形が色々違うというのは、さすが国土の広さを感じさせます。さて狭い日本、大阪ならではの演劇というのはあるでしょうか。例えば大阪へ観光に来た人にお勧めの劇場とは?

私としてはin→dependent theatreを推したいところですが、やはりなんばグランド花月が無難ですかね。あと国立文楽劇場とか。
昔『小劇場の聖地』とか言われているらしい東京は下北沢に行ったことがあり、適当な劇場に飛び込んで適当な芝居を観たところ、あまりおもしろくなかった記憶があります。そんなので「下北沢はおもしろくない」と断じるのは早計に過ぎますが、日本では単に大きな劇場に行くのが一番外れが無いのではないでしょうか。海外では劇場が積極的に公演プロデュースを行うらしいですが、日本では劇団に会場を提供するだけということが多いので(上演審査を行うことはままあります)。でも梅田芸術劇場が東京の大劇場と大きく違うという話も聞かないかなあ。

これまた昔の話で恐縮ですが、巨人シェイクスピアを生んだロンドンの劇場に行ったことがあります。おもしろかったのは料金設定が非常に細かかったことで、日時によって座席によって年齢によって、時には失業保険を受けているかどうかによって料金が異なります。その分安い席はなかなかに見づらいです。日本の劇場の客席は舞台前面にしかありませんが、ロンドンの劇場は客席が舞台を囲む様になっているため、端の席では舞台裏が見えてしまうことがあります。
文化的には中央集権なこの日本、地方の劇場ももっともっと独自色を出して行って欲しいですね。地方が栄えるイコール東京と同等、ではない筈です。それは劇団にしても同じことで、地方の劇団が発展するイコール東京の大きな劇場で公演する、ではないと思います。なら何を目指すのか。動員数の増加等、目にみえやすい部分以外の伸びしろは、あると思うんですけど、うーん。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://tokageexpo.blog.fc2.com/tb.php/62-6189b53d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad