トカゲなる日々

劇団万国トカゲ博覧会の生態

電子ファッション雑誌

この世のどこかに存在するとは知っていたものの、今まで見たことも触ったこともなかった“ファッション雑誌”なるものを手に取る機会がございました。
「着回し○○日」企画のシチュエーション設定に笑ってみたり(どういう種類の笑いかは伏せます)外国人モデルの思い切った表情に感心してみたり、なかなか楽しい読み物でしたが、もしファッション誌が電子書籍になったら?

というか既に何誌も電子版で発売されていますが、以前音楽雑誌について触れた様に、紙面で紹介している服が気に入った読者をそのまま通販サイトに誘導できるかというと、それは疑問だと思います。これは電子書籍ではなく服の通販全般に関する問題で『実物を見たら思っていたのと違った』『サイズが合わなかった』なんてことがあるからです。
家に持って帰ってみたら色味や素材が全然違った、というのは実店舗でも結構有り得ることだと思うのですが、サイズの話は何ともしがたいですね。腕の長さや下っ腹の出具合は人によって千差万別なので実際に着てみないとわかりません。その辺りは実店舗が圧倒的に有利です。
うーん。……いや、ネット通販ならこういう手段もある!

TENGA選びナビ
(18歳未満の方は想像力を駆使することで閲覧に代えて下さい)

こんな感じで、通販サイトの閲覧者が自分の体の各所の長さを入力すると、「こんな体型の人がこの服を着るとこんなふうになります」という3Dイメージが表示される、みたいなのはどうですか。これで通販のトラブルは大分減ると思うのですよ。
体のあちこちのサイズを自分で測るのが面倒と言えば面倒ですが、ID登録制にしておけば、一回入力するだけで以降の入力は不要になる筈です。今これを実現しようとするとサイトの作成費用がなかなかにかかるでしょうけれど、画像技術がもっともっと発達・普及すれば、こんなシステムが通販業界に革命を起こすことになるかも?
どうでも良いですが、上記リンクも自分で自分のサイズを測らないといけないんですよね。しかも興奮してる時に。人に測ってもらうのも何だかなあ。。。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://tokageexpo.blog.fc2.com/tb.php/63-44cbbc3a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad