トカゲなる日々

劇団万国トカゲ博覧会の生態

カフェ芝居とは

前回宣伝致しましたsputnik.の次回公演、会場はカフェでございます。
近頃カフェでの公演をよく見ます。かく言う我々も昔やりました。どうしてカフェかと言うと、場所代が安いからです。貧乏な演劇人もまっしぐらです。
もちろん上演施設としては劇場には敵いません。照明は蛍光灯、音響は家庭用コンポ、道具はカフェにあるものしか使えませんが、それは大掛かりな装置を組まないで済むということですし、小さな舞台なら出演者も少なくなって連絡が早いし、シンプルな現代劇なら小道具や衣装費も安くつくし、ダンスや殺陣が無い芝居は稽古時間も短くて済むし、つまりは世の中不景気だということです。それに反比例して生活コストはどんどん上がっておりますから、芝居にお金と時間を全力でつぎ込むのが当たり前ではない時代なのでしょう。近年の岸田國士戯曲賞の選評で「『なるべく大怪我しませんように』というやり方の小品が流行っている」という風な感じの言葉があったのもまたもっともなことであると思います。いわゆる草食系が増えたというか。
がしかし一応は前向きに捉えますと、小品に伴う種々の制約は、むしろ挑み甲斐のあるものにも見えます。巷には残念ながら「単に場所代ケチったな」と思えてしまうカフェ公演もあれば、カフェにきれいになじむ公演もあるのですから、カフェ公演と聞いて敬遠するのはお門違いというもので、何が言いたいかというと、どうぞ皆様ご来場下さいということです。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://tokageexpo.blog.fc2.com/tb.php/81-8e534e61
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad