トカゲなる日々

劇団万国トカゲ博覧会の生態

トイガーデンの「リチャード三世」を観た

SN3S0376.jpg

よそさまのお芝居を観て来ました。写真は上演中も自由に撮って良いですとは言われたけど、webに公開しても良いとは言われなかったなあと思いつつ、人物にぼかしをかけてアップしております。
非常に実験的な作品で、詳細は本家サイトをご覧下さい。この写真は舞台上から、つまり観客の私が舞台エリアにずかずか上がり込んで撮った代物で、写真奥に映っている椅子テーブル辺りが客席エリアです。舞台上には台本や(写真左手前の人物が読んでいる物。この人は役者じゃなくて観客です)イメージスケッチが並べられていて、観客は舞台に上がってこれらを見ることができます。また別の場所ではリチャードの独白的な台詞をカメラに向かってしゃべる役者の映像(写真左奥ディスプレイ)が流れています。役者は舞台上に座り込んでリチャードの独白的な文章をしこしことPCに打ち込んでおり、観客は役者を見ても良いし、PC画面を覗き込んでも良いのです。

こういう観客が自由に動き回る型の演劇は、風の噂には聞いたことはある(太陽劇団の「1789」とか?リアル脱出ゲームはちょっと違うか。)ものの実際に観るのは初めてで、ぶっちゃけ最初は「えー動くのめんどくさいなー」とか思ってたのですが、非常に興味深かったです。観客が観たい所を自分で選ぶという演劇ならでは特徴を、更に生でやることと合わせて活かしていて、敢えて動員数を絞ってのこういう試みは私はとても好きです。
ちょっとだけ会場の外が映ってますが、はける場所が無いからか、追い出されたかわいそうな役者達が座っています。お疲れ様でした。 
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://tokageexpo.blog.fc2.com/tb.php/89-5fdabbff
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad